HEARTFUL MELODY

基本YOU TUBEに上がってる音源を貼って文章を併記するスタイルですが、YOU TUBEに1曲切り出しの形でない場合(音源フルでしか上がってない場合含む)は、画像のみの掲載とします。

メロディ主義は最高だ

ロディックメタル系のいいところは、ルーツ探求を必要としないというところだね。エクストリームメタル系って大元のスタイルの継承継承継承で進化し続けてきてて、それらを体系的に踏まえていかないと理解がかなわないところがある。メロディック系は違うから。ビバ・エンタメ!

www.youtube.com

フランスのメロパワバンドなんだが、かなりカッコいい。やや正統派パワーメタル寄りで、部分的にQUEENSRYCHEやVICIOUS RUMORSっぽいところも見受けられる。ヴォーカルの声質や歌メロは、アメリカのARMORYっぽい透明感。やや方向性が定まってない感もあるにはあるのだが、地のセンス、そして演奏力はかなりのものだと思う。

www.youtube.com

SCANNERの1995年リリース3作目。ヴォーカルがまたもや交代してるのだが、前任、前々任よりも声のほっそいタイプ。まあでも今聴くと悪くはないな。出来ればヴォーカルはS.L.Coeで行って欲しかったけど。SCANNERはこのアルバムまでは良い。いや、今聴けばその次あたりもいいのか?数年前出た最新作は酷かったです。

www.youtube.com

ここんところ拾ってきてるのはスペインもの多いんだけど、これもスパニッシュバンドだそうで。スペインというか南米系は、気質なのか、メロディが明確なのが多くていいですね。8曲目はかなり出色の出来だと思う。ちなみに自主制作もの。

www.youtube.com

WITCHBLADEというと、アメコミやアニメのアレを思い浮かべますね。チリのバンドだって。現在は女性メンバーもいるようですが、このアルバムの時点では全員男。

www.youtube.com

これも良かったな。プログレッシブメタルの枠内なんだろうけど、プログレのルーツが70年代の上、古いハードロックの心も感じる。一方でメロディックパワーメタル的に走ったりもする。所謂DREAM THEATERチルドレンとも、QUEENSRYCHEチルドレンとも一線を画してる。日本のALHAMBRAとか好きな人にも案外いいかも。難点があるとすれば、長すぎ(笑)。7分尺の曲がずらりと並びラスト曲が10分超で全12曲約75分て。

www.youtube.com

これも素晴らしい。John Westが今やってるARTLANTICAやRob Rockソロなどでキーボードを担当し、ARTENSION近辺といった現行のネオクラシカルメタル業界で活躍されてる方のソロプロジェクトということで、どうしたってVitalij Kuprijとの比較が避けられなくなってくるんだけど、スラッシュビートまで取り込む柔軟さ、貪欲さがあり、クラシックピアニストが本業のあちらよりも遥かにロック魂を感じる。ARTENSIONが長年止まってしまっている寂しさを埋め合わせるだけに留まらない迫力がある。これも集めてみようか。しかしこのアルバムもまた長い・・・約79分て。

www.youtube.com

これが結構変わったテイストのバンドなんだ。メロディックメタルの枠内に入れられているようだし、がなりたてるヴォーカルやアレンジメントは確かにメタル然としてるんだけど、魂はメロハーを感じる。ジャケットに似合わない明るくキャッチーな曲が続く。ACCEPT系でもないなぁこれ。QUEENっぽい?いや、これいいんですけどね。

www.youtube.com

ACCEPTというバンドは偉大なゆえに、作を重ねるごとに色々と背負うものが多くなっていったため、Restless and Wildみたいなストレートでシンプルなヘヴィメタルを後の作品に期待しにくくなっていったところがある。ACCEPTフォロワーに期待するところってその辺、つまりRestless and Wildの延長発展形で、このUNRESTのアルバムはその辺かなり良いものを提供してくれている。演奏もサウンドプロダクションも楽曲も、1998年のドイツのアングラものとしてはかなり出色の出来ではないだろうか。ただ、本当の意味でACCEPTフォロワーなので、スピードメタルへ発展させた初期RUNNING WILDやGRAVE DIGGERやWARRANTみたいなのを期待するとキツイですよ。

www.youtube.com

また情報検索に困るようなバンド名つけやがってなスペインのバンド。ああ、なんとか情報見つかりましたとも。キーボードを擁しており、路線としてはSTRATOVARIUSSONATA ARCTICAなんだろうが、ヴォーカルが大変男臭いタイプゆえ、その2バンドのような透明感ゼロです。戦士の哀愁を感じさせるイメージで、その辺は日本のAIMING HIGHとかに近いかも。歌詞は例によってスペイン語。時折プログレになるのもスペインらしい?質はとても高いです。スペイン、アルゼンチンものは本当に素晴らしいバンドの宝庫ですね。今まで敬遠してきたこと反省。

www.youtube.com

まさしくメロスピ輸入盤市場で伝説を作り上げてしまったコロンビアのメロスパーの1999年デビュー作。コロンビアというレアな出自とは関係なくメロスピとして本当に完成度が高く、当時輸入盤が相当売れたはず。確か少し前バンド結成20周年スペシャルエディションまで出たはず。HEIMDALLが日本盤出せるなら、こういうのも出して欲しかったなぁ。やや古臭いサウンドプロダクションを除けば、日本盤で出てるヨーロッパのバンドと比べても遜色ない。メンバーの風体も、リズム隊の2人はとてもメタルやってるとは思えない短髪の少年で、治安の悪さばかりが何かと取りざたされるコロンビアにも、こうした純真そうな人がいるのだと思うと安心できる。ヴォーカルはアメリカ人だけど、この方少し昔に亡くなってるのか・・・合掌。

www.youtube.com

パワーメタル色を強めた2作目。しかしこれが裏目にでて、1作目の構築美を失ってしまったように思う。MANTICORAの"Hyperion"みたいにいければ凄かったんだけどね。さすがにそこまで次元の高いバンドではなかったか。

www.youtube.com

このバンドって名前はそこらかしこで目にしてきたものの、バンド名や表紙のアートワークからメロハー枠かなと思ってたら、レーベルがLMPというわけで、HELLOWEENGAMMA RAY直系のメロディックパワーメタルでございました。LMPものらしく、そつなく質高いです。問題はそつなさの向こうに何か見えるバンドが少ないんだよなぁLMPものは。これも正直それ。