HEARTFUL MELODY

基本YOU TUBEに上がってる音源を貼って文章を併記するスタイルですが、YOU TUBEに1曲切り出しの形でない場合(音源フルでしか上がってない場合含む)は、画像のみの掲載とします。

www.youtube.com

■"Algophobia"ALGOPHOBIA

イタリア産デスメタルバンドの唯一のフルアルバム。一言で言いあらわすなら、プログレッシブ・デスメタルだろう。複雑なリズムの刻みと起伏にとんだ曲展開、時折りフュージョニックにもなる色彩豊かなギターフレーズにて作られる音は、ブルータリティを押し出す類のバンド群とは全く異質で、タイプとしては初期CYNIC、ATHEISTに通づるもの。ただ、単純にパジェットの問題もあろうが、こちらはずっと素朴にメタルしてる。芸術性では大掛かりなバンドにかなうものではないにせよ、自分などは音楽にそうした高潔さばかりを追い求めてるわけではないので、こういう作品が手元にあるとついつい手が伸びる。本作をリリースしているJackhammer Music(旧Lard Records)は、決して派手ではないものの、主宰のWarzy氏(NARCOTIC GREED,HATE BEYOND他)のミュージシャン視点による優れた作品のリリースが多い。

www.youtube.com

■"The Rotten Ways of Human Misery"BLACKTHORN

メキシコ産デスメタルバンドの唯一のアルバム。1992年作で、大元はかのAvanzada Metalicaからのリリースでした。そのオリジナル盤は現在かなりの値段で取引されているそうです。僕が買ったのは2016年のChaos Recordsからの再発盤です。某所でDEATHとEXHORDERを引き合いに紹介されているけど、まさにそんな感じのデスラッシュを聞かせる。しかし正直、フレーズの引き出しが乏しいのが辛い。最近気づいたのだけど、暗い表現って明るい表現よりもラクなのな。色々な意味で。だからこそ暗黒系の音楽はより一層のひねりが必要だと思ってきてて、それがないものは信用出来なくなってきてます。