UNIVERSE/AION

www.youtube.com

■"Universe"UNIVERSE

スウェーデン産正統派メタルバンドの、北欧メタルの秀作として知られている1985年作デビューアルバム。北欧メタルというとTNTのような透明感のあるアリーナハードロック寄りのタイプか、SILVER MOUNTAINのようなRAINBOWからの流れを感じさせる様式美寄りかのいずれかに分かれる感があるのだが、このUNIVERSEはその中間に位置するように思う。PRAYING MANTISRATTの登録を頑なに拒んでいることで知られるあのMETAL ARCHIVESでもしっかり登録されていることからも分かるかもしれないが、ハードロックというより完全にヘヴィメタルバンドである。スピーディな曲が多く、その辺IRON MAIDENからの影響をモロに感じさせるが、その一方、北欧らしい透明感もほのかに漂わせる。単純にカッコいい音なので、オーセンティックなメタルが好きな人であれば買って損をすることはないだろう。正直神盤とまでは思わないが、秀作には違いない。何かと"Rollin'On"がもてはやされることが多いが、個人的には"Angel"も好きだ。

www.youtube.com

■"Human Griefman"AION

残念ながら元メンバーとの法的紛争が露呈し、自身の活動の停止のみならず、関連バンドのMEINKANPFの復活不可にまで影響を及ぼしてしまっている、ヴィジュアルメタルの代表格の一つ、AION。恐らくこれまでの全音源についても今後再発は絶望的と思われるので、今のうちにめぼしいものは回収しておいたほうが良いと思われるが、個人的にはこのアルバム一枚あればAIONは十分だ。1stアルバム"Deathrash Bound"発表後に、ヴォーカルがNov(元Z-SECT、PARANOIA)へ交代し、ヴォーカルパートを録りなおし曲順、曲タイトルも変更しリリースされたのが本作。"Deathrash Bound"はヴォーカルがROSENFELDのヒサヨシということもあり正統派ジャパニーズスラッシュという趣だったが、本作ではMasakiタイプともウド・ダークシュナイダータイプともつかないNovの唯一無比のヴォーカルと歌詞が載ることにより、独特な切迫感を沸き立たせるスラッシュ/パワーメタルに生まれ変わっている。オーセンティックなスラッシュメタル以外の何者でもなかったこの楽曲に、このメロディラインは奇跡ではないだろうか。一方歌メロが押し出されている分、スラッシュメタルとしてはやや大味な気もするが、それもこの素晴らしい個性の前には些細な問題だろう。シリアスな狂気とダークネスをも醸し出すこの時期のバランスが、まさしくAIONの最高潮だった。この後はバランスを崩してしまい、失笑モノの歌詞とメタルとしてまるで魅力のない楽曲を技巧の力技でなんとか形にするだけのバンドに成り下がってしまったが、このアルバムだけは、特にジャパニーズメタル好きならば必聴ですよ!