HEARTFUL MELODY

基本YOU TUBEに上がってる音源を貼って文章を併記するスタイルですが、YOU TUBEに1曲切り出しの形でない場合(音源フルでしか上がってない場合含む)は、画像のみの掲載とします。

RAGING FATE/THE OUTER LIMITS/GRIMGOTTS/VOLCANA/DETEST

www.youtube.com

"Gods of Terror"RAGING FATE

スウェーデンのパワー/スピードメタルトリオのデビュー作。初期GRAVE DIGGERやRUNNING WILD,比較的近年のバンドだとSTORMWARRIORを彷彿とさせるジャーマンパワーメタルスタイル。低めのトーンで淡々と単調な歌メロを歌うヴォーカルとか、かなり初期RUNNING WILDっぽいです。しかしこのヴォーカルで賛否両論分かれるでしょうなあ。個人的にははっきりと「弱い」と感じますんで。演奏面や楽曲面は悪くないんで、そういうスタイルのマニアは聴く価値はあるだろうけど、STORMWARRIORとかより先に聴く意義までは感じないバンド、アルバムです。

www.youtube.com

"Apocalypto"THE OUTER LIMITS

ブルガリア産スラッシュ/パワーメタルバンドの2作目。前作は正直あまりいい印象がないのだが、今回はそれに比べたら恐らく大分よくなってるんじゃないかな?HEATHENやFORBIDDENを髣髴とさせるスタイルはこれまでのままに、大分曲中に起伏とかフックとかはついてきたよう思う。また、そういったものを力強く具現化出来る演奏力の高さも見逃せない。MOSH-PIT JUSTICEと兼任のラス・アンダーソン直系のハイトーンヴォーカルも相変わらずキレッキレで素晴らしい。あとは、もっとキャッチーさが増してくれればなぁ。その辺がかなえば、あと一ランク上のステージに行けるバンドだと思う。

(フルアルバム動画を貼るのは問題あるかなと思いつつ、これしかなくて・・・)

www.youtube.com

"Lion of the Sea"GRIMGOTTS

UK産メロスピバンドのデビューフルアルバム。これまでのシングルで既に知名度は高いだけに、ファンにとっては待望のフルアルバムであろう。これ全編、ファンタジックでメルヘンなメロディに彩られたザ・メロスピサウンド。そつなくいい曲が揃っており、単純にこの手の音の秀作として素直に楽しめる。個人的に気になるのはヴォーカル。シングルの頃よりは良くなってるとは思うのだが、それでも起伏のあるメロディを歌いきれてない箇所はまだまだそこらかしこにあり、次作以降での改善が待たれる。ただ、そうしたところでイタリアのあのHEIMDALLとかを彷彿とさせたりもするので、味っちゃー味なのかな?

www.youtube.com

"Goddess of Flame"VOLCANA

アメリカ産トリオのデビューアルバム。ジャンルとしては一応ドゥーム系になるのだろうが・・・一聴してまず耳につくのは、スラッシーなギターの音だ。んんん?これはドゥームバンドではなく、スラッシュ/パワーメタル系?しかしリズムは間違いなくドゥームの類。しかしギターは埃臭さ、泥臭さゼロのクリアーでエッジの立った音作り。いったいどうなってるんだと調べたところ・・・VINDICATORとかSEVEN WITCHESとかのメンバーがいるバンドなのね。なるほどそれは納得。個人的にドゥーム系はスルーすることに決めているジャンルなのだが、こればかりは耳を引きつけられずにいられない。いやこれはいいですよ。凄くとっつきもいいし。スラッシュ/パワーメタル脳でも余裕で楽しめる。筋金入りのドゥーマーの目にはどう映るか分からないけどね。

www.youtube.com

"The End of All Ends"DETEST

80年代後半~90年代前半にかけて活動したスウェーデンヴァイキングバンドの、約30年越しのオリジナルアルバム作品。既にバンドは活動を終了しており、本作は昔のマテリアルを元に作られ たらしい・・・が、録音は元メンバー再集結して今回やったのかな?少し昔に出たコンピレーション盤も気に入ってよく聴いていたけど、今回のこのアルバムも当然素晴らしい。ヴァイキングメタル期のBATHORYとQUEENSRYCHEと掛け合わせたような、非常にユニークなへヴィメタルアルバムだ。重苦しく荘厳としたバッキングの上を、力強いハイトーンヴォーカルが高らかなメロディをなだらかに乗せていく。スロー曲が大半で速い曲はほぼないが(貼った曲は速いが)、それはノリに任せることなく隅々までドラマティシズムを行き渡らせようというコンセプトの表明でもあろう。ENSLAVED以降のブラックメタルスタイルとは全く無関係の場所で作られた、唯一無比のヴァイキングメタルでもあるのだが、それゆえに90年代初頭でその活動を終え、これまで歴史に埋もれてたんだろうなぁとも思う。90年代は本当、オーセンティックなへヴィメタルバンドが出てきにくい時期でしたからね。荘厳なへヴィメタルが聴きたかったら買いの一作。これも今年のベスト候補ですなぁ。