本年度ベストアルバム

今年恐らくもうCD買わないだろうし、年の瀬の慌しさの中楽しむ余裕もないので、もう決めてしまおう。こんな感じですかねぇ~

 

・新作

www.youtube.com

1."Rouge Noir"ZEMETH
2."Through Aching Aeons"DESULTORY
3."Satellite YoungSATELLITE YOUNG
4."Ace of Space"WOLF AND RAVEN
5."The Cult of Flesh"MORBID ART

 

・再発

www.youtube.com

1."Malleus Maleficarum"PESTILENCE
2."Death or Glory"RUNNING WILD
3."Retribution"MALEVOLENT CREATION
4.”Blood & Valour”BESTIAL WARLUST
5."Under the Red Moon"JUNTESS

新作については、もうZEMETHがダントツになるであろうことは、発売当初から判っていた。これ実のところ客観的評価によるものではなく思いいれを多分に含んでいるのだけど、なんというかまさかこんな形で、自分のルーツとしてのゲーム音楽と向き合うことになるとは思わなかったんだよね。ファルコム系他ゲーム音楽からも多分に影響を受けたメロディックデスメタル・・・本当衝撃的だった。あと、順位は3位にしてしまったけど、サテライトヤングも非常に印象深かった。彼女らも過去の音楽を現在進行形のものとして再構築する手法。そこに、ノスタルジーではない過去の向き合い方について大いに考えさせられた。

それと、今年は再発ものもとても抱負な年でした。なんか、再発して欲しい奴結局全部かなっちゃったんだよね。待望という意味ではMALEVOLENT CREATION初期3作の突然の再発が本当事件だったんだけど、それ以上にこの再発で初めて聴いたPESTILENCEの1stがカッコよすぎて。願わくばMONSTROSITYも、こんな感じでちゃんとしたレーベルからちゃんとした形で再発になってほしいですね。あと、これまた突然の再発だったJUNTESSも嬉しかったは嬉しかったんだけど、出来ればCDで再発んなって欲しかったね。元がCD作品なんだし。

実のところ、今年は「買ったものの聴けてない」奴が結構ある。一人暮らし始めて1年半ちょい。実家住まいのときみたいにスピーカーで好き勝手に音楽聴ける環境じゃなくなったしね。Stormspellものが全然聴けてないんで、ここに全然ランクインしてないんですよね・・・まあ、その上でのランキングということで。それでも新作、再発それぞれの1位は揺るがなかっただろうけどね。

来年以降ですが、まあメタル離れしようとは思ってるんですが、こんなこと毎年行っててそのとおりになったためしないからねぇ。まーどうなることやら。あ、来年にはWILLARD再発があるんだよね。これはまさかかなうとは思ってなかったので、本当楽しみです。