DESULTORY

www.youtube.com

"Counting Our Scars"DESULTORY

90年代初頭、Metal Bladeとのビッグディールを得て華々しくデビューしたものの、パッとしないまま一度は消えていったスウェディッシュデスメタルバンドの、2010年復活作。パッとしなかったといってもデビュー作”Into the Eternity"は中々優れたデス/スラッシュアルバムで、僕は結構愛聴させてもらった。この復活作は、その”Into the Eternity”をアップデートしたような内容、仕上がりで、おぢさん聴いてて思わず顔がにやけてきてしまいましたよ。禍々しさよりもキャッチーさが際立つリフといい、ボトムをどっしりと支える強靭なリズム隊といい、情感たっぷりに泣いてはいるんだけどプリングオフ、ハンマリングを多用した手癖くさいギターソロも、あの頃そのまま。それらに加えて、デスメタル以前のオーセンティックなメタルから少なからず滋養を得ているのが、本作の特徴であると思う。その辺は丁度CARCASSの”Surgical Steel”に近い。あそこまでのスケール感にはさすがに及んでないにしても、オーセンティックなメタルへの色気を匂わせながらデスメタルの枠を結局突破できないまま朽ちてしまったDISMEMBERとかより、よっぽど実のあるものが作れてるんじゃないだろうか。かつてこのバンドを好んで聴いていた人には、是非とも聴いて欲しい復活作だね。絶賛までは出来ないにしても、中々素晴らしいですよ。

ちなみにこのバンドは近日中に復活作をリリースするが、なんとこのアルバムが最終作になってしまうそうで。