読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EVIL ARMY/BARBATOS

www.youtube.com

"Command,Attack and Destroy"EVIL ARMY

メンフィスにて活動をしているトリオの、過去のEP収録トラックをまとめた編集盤。ギター/ヴォーカルのRob Evilの投獄歴や、過去のベーシストが2人既にこの世にいなかったりと、中々の不穏さを感じさせるバンドであるが、音の方もそんなイメージに違わぬスリル感を発散している。表面的には曲によってハードコアパンク要素があるので、クロスオーバーに分類すべきか悩むところなのだが、中身はやっぱり髄までメタルでしょう!でなければBATHORYの"The Reaper"とかこんな本家以上に格好よくキメられないし、"I,Commander"みたいなクラシックスの風格すら漂わせる曲は書けないもの。音もフレーズもキレッキレのギターもさることながら、やっぱりこのバンドは殺気立ったヴォーカルが要。そしてその2つを担ってるRob Evilが、やっぱこのバンドにおける要のポジションなんだろうなーとも思う。こう言っちゃなんだけど、やっぱメタルやロックは、リアルなワルさが格好良さに結びつくところがあるよ。セイムタイトルのデビューフルアルバムも必聴ものの素晴らしさです。

 

 

www.youtube.com

 

"Straight Metal War"BARBATOS

このバンドは日本のブラックスラッシュメタルバンド、ABIGAILのリーダー、ヤスユキ氏のサイドプロジェクトであり、本作で5作目のフルアルバムとなるそうだ。ABIGAILはデビューアルバムをよく聴いたが、それ以外は知らない。このバンドも今回このアルバムで初めて聴くこととなった。所謂メタルパンクのカテゴリーに入る音だと思う。アップテンポながらも弛緩したドラムが、パンクの部分を主張している。このバンドの聴きどころはその上に乗っかっているギターで、ABIGAILでもキレッキレの刻みを聴かせるJERO氏に加え、最近一部で話題沸騰のパワーメタルバンド、SIGNIFICANT POINTの竹内氏が、色気のある泣きを発散しまくっている。ヴォーカルもそれに呼応するかのように、刺々しいダミ声シャウトのみならず、うらぶれた感じのクリーンヴォイスでも歌っている。曲調もパンキッシュな曲のみならず、まるで90年代前後のジャパメタを思わせる曲の存在が際立っている。他のメタルパンク系同様、ルーズな匂いの強い音なので、その辺で好き嫌い分かれる気がする。個人的には、面白いとは思ったけど。