BURZUM/WATAIN

www.youtube.com

"Burzum/Aske"BURZUM

BURZUM衝撃のデビュー作に、EP"Aske"を加えたCD。所謂プリミティブブラックメタルのスタイルは、実はこの1992年リリースのアルバムの時点で、既に完成されていたのではないかと思う。そしてこのアルバムが凄いのはそれだけではなく、確固とした芸術的美意識でもって、闇の深淵と狂気を見事に描き出しているところだ。ルーツには明らかにBATHORYとCELTIC FROSTがあれど、それらのコピーには決して陥っていない。これをちゃんと聴いてしまうと、以降のDARKTHRONEもGORGOROTHもEMPERORもどこか子供だましにすら聞こえてしまう。BURZUMというと主宰者のVarg Vikernesの教会放火や人殺しのイメージがあまりに強いが、少なくとも人を殺す前の作品、その中でも本作と次作"Det som engang var"はメタル史に爪痕を残して然るほど、純粋に芸術として類稀な才覚を発散している。Vikernesがもし殺しに手を染めることなく純粋に芸術家としてキャリアを進めていたらどうなっていたか…いや、でも投獄前に完成していた3作目がショッパすぎたから、どのみち早々に才能は枯渇していたかもしれんね。何にせよ、本作と次作は、ブラックメタルに興味があるなら真っ先に聴いておいたほうがいいですよ。

www.youtube.com

"Satanic Deathnoise from the Beyond"WATAIN

1349といいこのバンドといい、人気バンドがこうして過去作をまとめて廉価で提供してくれるのは本当にありがたい。最新作を除いた過去4作を、ほぼ1作分の価格(Amazonマケプレ調べ)で聞けてしまうスグレモノ。DARK FUNERALを彷彿とさせるファストブラックの1st、初期MAYHEM等への憧憬を露わにし、あの時代のミステリアスな雰囲気を体現した2nd、MERCYFUL FATEやDEATH SSなどを思わせる妖しい甘美さを取り入れ始めた3rd、全体的に著しく洗練され、エクストリームメタルとしてのポピュラリティを獲得した4th(特にラスト曲"Waters of Ain"は圧巻!!)と、全作余さず耳が離せない。初期作ほどかなり強烈なブラストを連発はするけど、後期にいくほどブルータルとは縁遠くなるので、MARDUKみたいなのはちょっと・・・という人でも安心して楽しめるだろう。とてもいいね。