ZEMETH/SCHONBERG/POISON ARTS/MALEVOLENT CREATION

www.youtube.com

"Rouge Noir"ZEMETH

今年の私的ベストは、もうこれに決まったも同然だ。国産メタルシーンに彗星の如く突如降り立った北海道発のメロデスプロジェクト、ZEMETHのデビュー作。凄いぞ凄いぞこれは凄いぞ。特にゲーム音楽クラスタも兼ねてるような人は、いいか、耳かっぽじってよーく聴いておくれ。これ一言で表すなら、ズバリ

メロデス古代祐三

だー!!!

実際、ZEMETHというプロジェクト名はなんとイース6の「ゼメスの聖地」から。そしてイースの BGMのうちアップテンポの曲をメロディックデス/スピードメタルに作り変えたような曲がズラリと並ぶ(楽曲はカバーではなくしっかりオリジナルですよ)。中でも顕著なのが3曲め"Midnight Defloration"で、心高ぶらせる「あの」類のメロディが、メロデススタイルに乗せて洪水のように押し寄せる!

え?「あのぉ…それってメロデスとはいえデスメタルとしてどうなのよ」だって?まあ確かにその指摘は正しい(笑)。が!しかし!いーのこれに限ってはこれで!!だってイースからの影響を第一に挙げるようなミュージシャンが、メタル界に君臨するなんてさすがに想像もしなかったんだから。中学生の頃から30年近くのイーサー歴を誇るおぢさんは泣くしかないですよこんなの聴かされたら。いやあこれは本当たまらん。単体の音楽としては、もうちょっとイントロ、アウトロに尺が欲しいかなという気はする。ガーっと盛り上がる曲ばかりなので、アルバムとしてはもう少し押し引きが欲しいかなとも思う。しかしいつも言うことだけど、デビュー作は原初的な姿をとことん叩きつけてほしいから、今回はこれで申し分なし!既に2作目が製作中とのことなので、果たしてこのメロディメーカーっぷりを元手に、どんなものを作ってきてくれるか。今から楽しみでしょうがありません。いやあ、ワクワクしてまいりました!

 

www.youtube.com

"Another Veiled Story"SCHONBERG

美麗ソプラノシンガー、Naru嬢を擁する日本の4人組の、2作目のフルアルバム。ANGRAやRHAPSODYなどからの影響を強く感じさせるシンフォニックスピード・メタルを聴かせる。本作は19世紀のオペラ座のあるプリマドンナの生涯を描くコンセプトアルバムとなっており、そのしっかりとした内容から、日本でもようやくこれだけまともなコンセプト作が作れるメタルバンドが出てきたんだなぁ…と感慨深い気持ちになる。日本って良くも悪くもメタル馬鹿バンド多かったからね。音楽自体も極めてハイクオリティ。強いて言えばNaru嬢の声がやや線が細いのと、幾箇所かで演歌臭いメロディが飛び出してくるあたりで、ちょっと好き嫌いわけるかな?何にせよ、今の日本のメロディックパワーメタルのレベルの高さを知る上でも、このアルバムは買って損はない。ライブも動画いくつか見る限り、色々な意味で凄そうだ。キーボードが、懐かしのTIANANOGUEっぽいかなと思ったり。

 

www.youtube.com

"Lucky Jungle"POISON ARTS

80年代末~90年代初頭にかけて、オーバーグラウンドに食い込むほどの人気を誇ったジャパコアバンド、POISON ARTSの、9年ぶりとなるフルアルバム新作。アルバムとしては通算5作目なのかな?前作"Rising Sun"があまりにも腑抜けてしまってて失望したものだが、今作はブーム期にリリースされたヒット作"One Hundred Dragon"からの延長線上にある骨太な昭和メタルコアを聴かせてくれる。とはいえ、あの頃の切れ味の鋭さはさすがにもうない。平岡氏は加齢により出ない声を懸命に振り絞ってる感じだし、他の演奏群も同様だろう。しかし、それだからこそ、それでもやるのがパンクなんだ。そうした気迫は込められた一枚になってると思う。辛い社会の中で懸命にもがく自らの様を描き出した歌詞も、彼らをリアルタイムで追ってきた世代にとっては、とても心に寄り添ってくれるもの。良いアルバムだ。

 

www.youtube.com

"The Ten Commandments"MALEVOLENT CREATION

長らく廃盤になってたMALEVOLENT CREATIONの初期3作がようやく再発。手がけたのは老舗Listenable Recordsなので、仕上がりも良く安心です。その3枚より、まずは1991年発表のデビューアルバムを紹介。デモ時代スラッシュ色が強かったことで知られるバンドゆえ、このデビューアルバムでもそんなスラッシュ色はやや濃いめに感じられる。ヴォーカルに至っては、完全にスラッシュの範疇の声だ。後のブルデスに繋がっていくUSデスメタルの隆盛期を、CANNIBAL CORPSEやDEICIDEと共に飾ったバンドだけど、彼らは一足後発だったこともあってか、その2バンドと比べるとやや整った曲をやってる印象を受ける。とは言え十分カオスな曲展開なんだが、そうした楽曲をキャッチーさを失わずにまとめ上げる作曲力は大したものだ。2作目と共に、クラシックと呼ぶにふさわしい初期USデスの金字塔的作品。

 

www.youtube.com

"Retribution"MALEVOLENT CREATION

1992年発表の2作目のフルアルバム。今作よりヴォーカルが完全にグロウル路線にシフト、完全にデスメタルになりきった。基本1作めの延長線上の作風だが、楽曲はややストレートなものになり、所謂ツタツタの疾走パートも多い。一方で当時旋風を巻き起こしていたPANTERA風の重々しいグルーヴが取り入れられている。もっともあくまで一要素なので、彼ら本来のスピード感を損ねるようなことにはなってない。本作はバンドとしてのヴィジョンが完全に定まったものが伺え、とにかく完成度が高い。DEICIDEの2作目などと共に、USデスメタル隆盛期の金字塔的作品と捉えて差し支えないだろう。僕自身、リリース当時はよく聴きました。これは買いだ!

 

www.youtube.com

"Stillborn"MALEVOLENT CREATION

1993年リリースの3作目。一応はこれまでの延長線上で作られているものの、本作ではこれまでの1,2作目と明確に異なった色彩を打ち出しているように感じる。一言で言ってしまえば、メジャー感。1曲めとか当時のレーベルメイトであったSEPULTURAを意識したかのようだし、楽曲展開にしろ個々のフレージングにしろ、より普遍的な進化を遂げているように思える。それゆえに前作までのような熱り立った禍々しさは減退しており、リリース当時は「腑抜けてしまった」とかなり失望したものだが、変な固定観念や先入観をとっぱらって対峙すると、前作からさらに一段上のステージを果たした優れた作品であることが分かる。MALEVOLENT CREATIONに最初触れるには向いてない作品だと思うが、1,2作目を通過してから聴くと、実に味わい深くじっくり楽しめるものと思う。なので、今回の再発は他の2枚と一緒にまとめて買ってしまいましょう。

DESULTORY

www.youtube.com

"Counting Our Scars"DESULTORY

90年代初頭、Metal Bladeとのビッグディールを得て華々しくデビューしたものの、パッとしないまま一度は消えていったスウェディッシュデスメタルバンドの、2010年復活作。パッとしなかったといってもデビュー作”Into the Eternity"は中々優れたデス/スラッシュアルバムで、僕は結構愛聴させてもらった。この復活作は、その”Into the Eternity”をアップデートしたような内容、仕上がりで、おぢさん聴いてて思わず顔がにやけてきてしまいましたよ。禍々しさよりもキャッチーさが際立つリフといい、ボトムをどっしりと支える強靭なリズム隊といい、情感たっぷりに泣いてはいるんだけどプリングオフ、ハンマリングを多用した手癖くさいギターソロも、あの頃そのまま。それらに加えて、デスメタル以前のオーセンティックなメタルから少なからず滋養を得ているのが、本作の特徴であると思う。その辺は丁度CARCASSの”Surgical Steel”に近い。あそこまでのスケール感にはさすがに及んでないにしても、オーセンティックなメタルへの色気を匂わせながらデスメタルの枠を結局突破できないまま朽ちてしまったDISMEMBERとかより、よっぽど実のあるものが作れてるんじゃないだろうか。かつてこのバンドを好んで聴いていた人には、是非とも聴いて欲しい復活作だね。絶賛までは出来ないにしても、中々素晴らしいですよ。

ちなみにこのバンドは近日中に復活作をリリースするが、なんとこのアルバムが最終作になってしまうそうで。

ASTRAL WINTER/BESTIAL WARLUST

www.youtube.com

"Forest of Silence"ASTRAL WINTER

オーストラリアの、なんと一人で全パートを担うブラックメタルプロジェクトだそうで、これが2作目となる。B級メロスピの如きベッタベタな楽曲の土台の上に、仰々しいオーケストレーションが轟き、雄雄しいギターのフレーズがこれでもかと慟哭の叫びを上げていく。洗練はされてないにせよ、これは凄い。しっかしそれだけに残念なのが、音質とミックスが悪いんですよね…。クリーンボイスで歌う場面なるとそこだけ浮きまくるのは、さすがに失笑。もちょっとレコーディング勉強してくださいな。話によるとこのプロジェクトはCATAMENIAというバンドのフォロワーに位置するそうで、てことはCATAMENIAとやらに手を出せばこういうのがもっと聴けるのか。

www.youtube.com

 

”Blood & Valour”BESTIAL WARLUST

1stに続き、2ndもHells Headbangerから無事再発。1st同様、見開き逆十字デジパックです。1stは楽曲に演奏がなんとかギリギリ追いついている死に物狂いのいっぱいいっぱい感が素晴らしかったわけだけど、それゆえに理解出来る人と出来ない人をはっきり分けそうなところもあった。しかし、そんな1stについていけなかった人もこの2ndはもちっと頑張って是非聴いてみましょう。

1stと比べて演奏力と整合感が飛躍的に向上。楽曲もキャッチーなキメがふんだんに盛り込まれ、それらの結果、とにかく分かりやすくなった。これならデス/ブラックメタル好きであれば、誰でも楽しめるだろう。反面、当然1stと比べてウォーブラックメタルらしさは減退したという見方も出来るわけだが、僕としてはこちらの洗練性を取りたい。単純に聴いてて気持ちいいんだもの。極端な話、SEPULTURAとかと同じような感覚で聴ける。”Within Storm”のようなインストナンバーも、スマートにキマってますし。

そうした音像からは、メジャー感すら醸し出すようになり、このまま続けていればオーバーグラウンドへの進出すら望めたんじゃないかと思う。彼らはまがりなりにもブラックメタル黎明期を代表するバンドの一つですしね。しかし…彼らはそれを拒むかのように、この2作目で持って解散してしまった。その後の各々のキャリアがいまいちパッとしないこともあって、未だ早すぎる終焉が惜しまれる。

蛇足ながら、今回の再発盤にはボーナストラックとして、彼らの一番のルーツであろうBATHORYの”Massacre”カバーが収録されている。実にBESTIAL WARLUSTらしい仕上がりになってはいるけど…やっぱBATHORYのカバーは難しいね。このバンドのみならず、本家に迫るBATHORYカバーって聴いたことがない。

SATELLITE YOUNG/AWAKED

www.youtube.com

”Satellite Young”SATELLITE YOUNG

Synthwave方面から台頭し、今やシーンの枠に囚われない活躍を見せるSATELLITE YOUNGの待望のデビューアルバム。僕は電子音楽に関しては全くの素人なので、音についてここで深く突っ込むことは避けたいのだが、素人なりに聴いてて思ったのは、コンセプトの部分は、やはりヴォーカルの草野絵美嬢が率先してるのだろう。年少の頃からアイドル歌謡等の古い日本のポップスに親しみ、一方でリポーター、フォトグラファー、実業家と様々な分野で「今」の最先端を歩んできた人生経験により培われただろうユニークな皮膚感覚が、音楽のスタイルに大きく反映されているように思う。これはSNS世代云々だけでは決して片付けられない。ジャンルとしてはあくまでアイドル歌謡なのに、古臭さ、焼き直し感がまるでないのは、自己表現として並ならぬ自信が、音から漲ってるからだと思う。

思えば昔のアイドル歌謡って、センセイが作ってくださったお仕着せの曲と歌詞を、アイドルが指導を受けながら歌うのが基本スタイルだったのだから、それを独立のユニットで真剣にやるとなれば、本質から全く違うものになるのは当然。そうしたユニットとして、彼らの新しさがあるのだろう。懐かしいのに刺激的。過去のスタイルなのに目は未来へ向いている。そんな彼らは今後どのような評価を受けていくか?目が離せない。

www.youtube.com

”エレジー”AWAKED

日本のスラッシュメタルバンドの2作目。察するに元々はPANTERAとかMACHINE HEADとか、ああいう志向からスタートしたのではないか。なんとなくそんな懐かしいムードが漂っている。しかし速い曲が多いので、ヘヴィグルーヴ系が苦手な人もそんなに気にすることはない。そのスラッシュやヘヴィグルーヴ要素の他、パワーメタル、ハードコア、プログレなど雑多な要素を内包しつつも丹念に消化されており、彼ら独自のアグレッシヴなメタルを作り上げていると思う。ヴォーカルがパワーと上手さを兼ね備えておりかなり強力なのだが、元SUNS OWLだそうで…納得。大変充実したいぶし銀アルバムなので、旧世代バンドに抵抗がなければ聴いてまず損はない。OUTRAGEとか、パワーメタルだとMANIFEST DESTINYとか好きな人ならきっと気に入るだろう。

 

THUNDERSTEEL/EXPLOITED

www.youtube.com

”Thundersteel"THUNDERSTEEL

このバンド名にこのジャケットだけで、もうパワーメタルファンは垂涎モノだろう。内容もそんな期待をまずは裏切らない。音の方向性は紛れもなくRIOT”Thundersteel”タイプだが、ドイツのバンドらしい男臭さも兼ね備えている。曲はまずまずの格好良さだが、何と言っても吠えるように歌うヴォーカルがメチャクチャ格好いい!!これは中々比較対象が思い浮かばない個性となっており、きっとこのバンド最大の武器でもあっただろう。パワーメタルファンならば聴いて損はない一枚ではあるのだが、惜しいのが…ミックスがまずい。誰もがヴォーカルが引っ込み気味なのに大きな不満を覚えるだろうし、良く効くとギターソロもバッキングに埋もれがちだ。この辺ちゃんとしていれば、ビシっと貫徹した作品に仕上がっていただろうに…とても惜しい。こういうものこそ、リマスタリング再発してほしいね。

www.youtube.com

”1980-1983” THE EXPLOITED

ブリティッシュハードコアの重鎮、THE EXPLOITEDの初期3作+シングル集をパックしたお得な廉価ボックス。あまりに有名なフレーズ”Punks Not Dead”をタイトルに冠した1stアルバムは正直僕みたいな半端ものにはあまり響いてこないのだが、2作目からは様相が変わってくる。EXPLOITEDの特徴といえばやはりメタル要素だとも思うのだが、2作目で早くも導入、3作目で彼ら特有のあのリフのセンスが確立されるのだ。この辺でハマれると、以降の作品もズブズブなので、このボックスにハマれた人は是非アルバム集めてみよう。近年こそ新規のアルバムも止まってしまっているが、2000年以降までコンスタントに良いアルバムを出し続けてきた彼らは、もっと評価されてもいいと思う。日本だとイマイチ人気ない気がするんだけどね。

WYRMS

www.youtube.com

”Morcar Satoric"WYRMS

フランス産ブラックメタルバンドの2作目だそうで。自分の知ってるバンドを用いて形容すると、KVIST+WINDIRって感じの、メランコリックかつ強靭な演奏の疾走ブラックメタルを聴かせてくれる。ジャケットどおりの、悲しくも誇り高さを感じさせる音だ。何はさておいても、とにかく楽曲、演奏共にクオリティが非常に高く、それだけで多くの人にとって愛聴盤になりえるだろう。にも関わらず本作プレス枚数かなり少ないそうで、これだけのものが地下でくすぶってるのはもったいない。手に入れられた人は、大事に聴いていけよ!

ここしばらく、誰が読んでるのかわからないCD感想文を書き連ねてきたけど

そうしてきた理由は、誰にも入り込みようのない、僕だけの「音楽の城」を築き上げたいと思ってきたから。誰かの共感を誘うように書いてないはずだし、本当、自分なりに感じたことを塊にして吐き出して、それを壁や柱のように形作って、城を築きあげるようにしてここまで書いてきたつもりだ。

これまで、僕には音楽方面との長年の柵があった。最初こそ純粋な同好の士とのつながりだったのが、色々あって歳を経るごとに嫌なこと、厄介なことが増えてきて、ある時より楽しく付き合えなくなってきたように思う。そんなもんさっさと縁切っちゃえばよかったのだが、それが出来なかったのは、他人や他人の価値観の中にいないと、音楽を楽しめない気になってたから。実際「家に閉じこもってライブに来ないオタク野郎が…」みたいな物言いが幅を効かせやすい世界だったし。まあ洗脳っちゃー洗脳だね。

ある時より「一人ぼっちで音楽を楽しむことは悪いことなのか?」と真剣に考えるようになった。そしてここに来て、ようやく「いや、悪いわけがない。文句も言わせない」と胸を張れるだけの理屈を自分の中に築き上げることが出来た。これでオタク野郎がと突っかかってくる輩にも、堂々と反論出来る。そんな機会が今後あるかは分からないけど。

そして、これを機に、柵も完全に断つことにした。もうあのへんの人達と交流を図ることもないでしょう。まあもしどこかでうっかりバッタリ行き会ったら、挨拶くらいはしなきゃいけないだろうけど…

今後も、より素敵な自分の城を築き上げるべく、このblogの更新は地味に頑張っていこうと思います。